So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

二比山神社その3 [苔]

苔を探しに行ったと最初言いましたが、なんつったって
周り山ですから見渡すとこに苔。
IMG_1092.JPG

大きなクスノキの表面も苔、それにシダでおおわれています。
IMG_1091.JPG

触り心地もふかふか。
残念ながらルーペとコケ図鑑を忘れてしまいましたけど
写真撮って家で調べるしかない。

IMG_1101.JPG

本殿の裏にある湧き水。お水を汲んでいかれる人も
多いんだろうな・・・。
と思いつつ見てみると
IMG_1100.JPG

うろこのような模様の苔発見!ジャゴケに違いない。
水辺ってことはオオジャゴケ?
暖かくなったらまた行くぞ!
そして次回は一眼レフでマクロを撮るぞ。



nice!(0)  コメント(0) 

二比山神社その2 [神社]

二比山神社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%92%8B%E7%A5%9E

境内を歩いてて見つけたものに月夜見命の石碑があります。

IMG_1103.JPG


これがあるということは天照大神がご神体かと思って
調べたら違ってました。
月夜見(月読)命さんは天照大神の弟にあたります。
須佐之男命さんとも兄弟にあたるお方。

そういえば入り口に松尾神社の
看板があった。
IMG_1098.JPG


酒の神って文字だけが記憶にあって境内のあちこちに
ある猿の石像たちにばかり目が行っていたからね。
IMG_1093.JPG

猿灯篭.jpg

IMG_1102.JPG


大山咋神というのは有名な山の神様。
松尾大社の祭神でもあるのでここにこの名前があっても
不思議ではない。
中津島姫命は福岡の宗像の三女神の次女。海(航海)の神様、
調べていくと「海人豪族」という表現が出てくる。
この一帯は大きな川がありその貿易で栄えた地なのだそうな。
二比山神社はかなり大きな(力の大きい)神社だったため
政治的な圧力で焼かれたり、分解させられて現在に至ると
神主さんのお話。


須佐之男命がヤマタノオロチを酒に酔わせて退治した話。
あの酒はこの酒だったのかもしれない・・・
なんてね。


神話は一人の神でも呼び名がいっぱいあったり、腹違い
(種違い?)の姉妹兄弟神様もいっぱい出てきて、さらに
同じ名前の神社が各地域にあるもんだからこんがらがった
糸のような世界です。



nice!(0)  コメント(0) 

二比山神社その1 [神社]

神崎市の山手にあります。紅葉と苔で有名な九年庵の先に
あるお寺様。私の好きな神社の一つ。
ここは昔大きな神社で山岳信仰の宿坊というのでしょうか
それがいくつもたっていたのだそうです。
何年か前に紅葉の時期に九年庵に来たついでに来た事が
あるんです。その時はかなりの人出でしたけど昨日は貸し切り
状態でゆったりと境内を散策できました。
IMG_1097.JPG


IMG_1096.JPG


IMG_1095.JPG

御朱印と苔探しという下心満載。

nice!(0)  コメント(0) 

鏡山 [神社]

IMG_0988.JPG
納骨で壱岐にわたるのに仕事が終わって唐津から船に乗るか、博多から
乗るかで悩んで、とりあえず唐津の港まで行ってみた帰り鏡山神社に
寄ってみました。大きな神社っぽいし御朱印がいただけるかと思った
のですけど、ここは御朱印お断りの神社さんでした。
ヘヤピンカーブをくねくねと登った先は思いのほか開けていて、公園も
あったりして気持ちのいい神社です。

登って気が付いたのはお稲荷さんだったってこと。
狛犬じゃなくお狐様が両サイドに鎮座されてました。
IMG_0990.JPG

IMG_0989.JPG


狐さんが咥えてる巻物には何が書いてあるのかしら・・・


唐津からのフェリーに乗れたら9時ごろにはホテルに着く
予定だったのですが、結局フーを獣医さんに預けに行ったり
洗濯したりして博多からのフェリーに乗りました。
うちの近くからの西鉄バスの営業所から埠頭までバスが
出ており乗り換えなく移動できるのですが、最終便の船。
ホテルに着いたのは23時過ぎてました。

nice!(0)  コメント(0) 

今年は [老い支度]

大きな声では言えませんが50代最後となりますの。
来年はついに60歳の大台。つまりは還暦です。
(とはいうものの早生まれなので学年的には今年が還暦)
3回目の成人式期待してたけど、案内が来なかったなぁ。
来てたとしても行けなかっただろうけどね。
姑の納骨があってそっちで休暇願出してたから・・・


59歳ケーキ.jpg


今年は19日が日曜で家族そろってたのでこんなもの
が用意されておりました。
大きい蝋燭が一つ10年×5、小さい蝋燭が9本。
来年は大きい蝋燭だけで6本となる予定。

nice!(0)  コメント(2) 

キャットタワー買う [ペット]

今更なのだが、私の部屋に住んでいる黒猫のろく。
今まで大きめの棚が二段あるゲージにトイレを入れていた。
ゲージは飛び散った猫砂を掃除するのがとても面倒。

セナが猫の糞を食べるので近づかないためにも必要だった。
しかしもうセナはいない。ろくは新参者の風雅を敵視して
いるので同じ部屋にいることはない。

ふと思った。もうゲージはいらないじゃない。
南向きの出窓の横で日向ぼっこできる台があればそれで
いい気がする。

そこでいろいろショップを見に行って、ネットも調べて
決めたものがこれ。

キャットタワー.jpg



まだこわごわ登ってみてはすぐ降りてくる。

写真が横向きなので何度か直そうと90度回転や縮小かけてみたが
治らない。もうこのままいきます。
しかも締め切った部屋で何年かぶりにゲージを解体して掃除した
せいか喘息のような症状が・・・
目がしょぼついて気管の奥からの咳と水っぱな(´;ω;`)
普通の風邪であることを祈りたい。




nice!(0)  コメント(0) 

運転経歴証明書 [老い支度]

つい最近こんなものがあるのを知った。
興味のある方は↓

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/koureishajiko.html#hennou

どうも県によって違うようです。
私より若い友人が持病があるので返納してきたと言っていた。
私はいくつまで運転できるのだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

喪中につき [介護]

デザイン.jpg


父の時にもそう思ったのですけど人って亡くなってしまえば
不思議といい思い出ばかり思い出すものですね。
その時は嫌で嫌で、実の子たちが何人もいるのになんで私が?
って思っていたんですけどね。
きっと選ばれし人間だったんでしょうね。
事切れるときにも立ち会えたし。


nice!(0)  コメント(0) 

 [近隣の植物]

風雅はトウモロコシアレルギーということが判明したので
ドッグフードの原材料をかならずチェックするようになりました。
今まで気にしたことなかったのですけど、原材料にトウモロコシ
(コーンスターチだったり)意外なほどに入っております。
かなりの高確率。原材料に「穀類」としか書いてないものも多く、
それは止めております。アレルゲン除去のドッグフード、いままで
買っていたのの3倍します。
でもこれに変えてから赤みも減ったし便の状況が極めていい!

山や田を荒らすシカやイノシシはドッグフードにしていただけない
ものかと思います。骨皮すべて有効利用できると思う。
うちの犬用に骨だけでも売っていただきたい。

ま、そんなことはさておきまして
昨年末から「苔」に興味がわきまして犬を散歩させながら近隣の苔
を見ているのです。苔図鑑も買いました。
冬場というのに暖かい日が続き苔たちが青々としております。
盆栽用で売られていた苔を何種類か買って育てております。
苔も趣味家の方々は実生とかされてあるようで、そもそも自生苗の
乱獲で絶滅危惧の苔なんかもあるらしく、奥深い世界です。


IMG_0962.jpg


↑手元の苔図鑑には載っていなかったのですが、どうやら苔のように
地を這うタイプのシダの仲間のようです。

IMG_0966.jpg


1苔.jpg


つやつやした感じでゼニゴケの仲間と思われるけどこれも不明。
ゼニゴケだとしたらピロピロってした雄花(?)が見当たらない。

nice!(0)  コメント(2) 

葬儀が終わりました [介護]

姑が亡くなり、葬儀も終わってやれやれです。
香典の整理とか香典返しの発注やらなんやらまだ雑務に追われること
かと思います。

主人の家は神道なんで、香典のほかにも玉串代やら十日祭やら、一人
でいくつも出されている方やら、何人か連名で出されていたり、
何人か分を一人の方持ってこられていたり・・・もう香典返しを渡し
てるのかどうかもわからない。香典の山と格闘中です。(田舎は大変)
金額の大きい方にはまた後日お礼を送らねばならず、来月には主人の
実家(福岡から割と近い長崎県の某島)に渡って納骨の義と50日祭を
執り行う事になっていますから、その時は地元ですからまたいろんな
香典が来るのでしょう。次は初盆(神道でもこれはある)ーー;
いろんなこと考えると頭が痛い。

今日は亡くなるまでいた施設に行ってお礼と支払いと荷物を引き取り
に行きました。夜だったので夜勤帯で人数の少ない中、職員の皆さん
にご迷惑おかけしましたから。ちょっとした菓子折り持参です。

11月の末から一進一退を繰り返していたのですが、13日の昼過ぎに
熱が出だして酸素濃度が下がってきてますという連絡で夕方には主人が
駆け付け、私と娘が19時頃には施設に下りました。20時頃主人がいったん
家に帰ったのですが、その頃はまだ息苦しそうですけど一定間隔で呼吸
していたのです。でも不整脈もあり息子にもう厳しそうだから来れるなら
来て欲しいとline入れていたので、会社の忘年会を途中で切り上げて来て
くれました。も最後家族で看取れてよかったと思います。でもその主人が
ちょっと家に帰ってる間に息を引き取ってしまって、実際看取ったのは私と
子供二人なんですけどね。

でも普段福岡にいないことの多い主人なのですが、姑がくも膜下出血した
時もこっちに戻ってきてた時だったし、今回も施設から呼び出しがかかる
時には主人も来れたので助かりました。

私一人に迷惑かけれないと時期を選んでくれていたのかな。
何はともあれ、葬儀が終わって疲れていたのと、もう急な招集も来ない
安心感もあってか昨夜はぐっすり眠れました。
nice!(0)  コメント(3) 
前の10件 | -